婚活中の保険見直しと将来的な保険イメージ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー婚活が成就して結婚をすれば、当然その結婚後の状況に合わせて保険も見直しを実施する必要があります。

主に生命保険が必要となってくるのは生計維持者である夫であり、妻の生命保険の優先順位はかなり落ちます。もちろん生計維持者が逆の場合は同じく逆になります。

その他の医療保険やがん保険、個人年金保険もあるならあってもいいでしょうが、なくても済むものはできる限り減らしていかないと、毎月の二人の生活が困窮するようでは元も子もありません。

必要な保険を必要なだけ最低限、出来る限り安く加入するのが保険見直しのコツと言えます。

そして同時に、見直しの際に自分自身での見直しはどうしても難しい部分もあるために、人に頼りたくなるのが保険の特徴であり、そうして人に頼るために相手の思う保険に知らぬ間に誘導され、高額な保険料を知らぬままに払い続けているというのが今までのパターンです。

いわゆる「保険のおばさん」がやってくるような大手生命保険会社の保険などはこの最たるものであり、今は訪問型の大手生保よりもネット系の新興勢力である生保の方が、同じクオリティや保険内容で保険料も安いというどう考えてもお得な状況となっています。

保険は万が一の際の備えなので信頼できる大手がいい、といえばそれまでですが、大手だから信頼できるというものでもないですし、何を重視して選択するのかをよく考えた上で選ぶ必要があります。

まずは保険に関する基礎知識を付けた上で、保険の窓口などの相談窓口に足を運んでみるのも一つの方法です。

タイミングとしてはまず婚活を実施ている間はとりあえずそのままでもいいですし、ただ、将来的に結婚が視野に入るような相手が登場した時に、自分の現在の保険の内容を把握し、それと照らし合わせる形で相手の保険内容もそれとなく確認できればベストです。

出来なかったとしてもある程度の保険の内容を聞いておくとか、結婚したあとはどういう風にしようと考えているのかなど聞いてみてもいいでしょう。

ただ相手もあまり保険については詳しくない可能性もあるため、二人でしっかり見直しを実施した上で保険の内容を変更することが可能かどうかは確認しておきたい事項ではあります。

よくあるのが、保険を他に変えた方が安くなるのは間違いないとわかってはいるものの、知人友人などから紹介された保険に入ってしまっていて見直すに見直せないというケースです。

相手にどれだけ義理立てするかという問題であり、義理立てするには生涯の大きな期間常に支払いを続けていく大きな買い物である保険です、自分にとって何が本当のメリットなのかはしっかり検討して、間違いなく損失の元となるので、できれば付き合いや義理人情で保険を選択するのはやめておきたいところです。