アラサー婚活での節約とケチは違う

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活にも色々な方法がありますが、その中でも結婚紹介所を利用すればそれなりに費用もかかりますし、そこまでしなくてもネット系で質の高いマッチングサイトなどを利用しようとすると、こちらもある程度の料金はかかります。

合コンに行くにしても婚活パーティーに参加するにしても資金が必要ですし、出会いが見つかれば、それからデートを重ねるためにもお金が必要となります。

婚活も案外、お金がかかるものなのです。

しかしそのお金がかかる婚活の中でこそ、確認しておきたいのが相手のお金の使い方についてです。

女性であれば、男性を見極める要素として、はじめてのデートの時に割り勘などにせずにしっかり全額出してくれるくらいの男気があるのかは確認したいところです。

男性であれば女性が買い物などで無駄なものを無駄に購入していないか、身の丈にあった購入方法を実践できているのかどうかなど、お金にまつわる確認事項は日々の生活の中にたくさん潜んでいます。

浪費家はもちろんよろしくありませんが、ケチもそれはそれで考えものです。ですが、ここで勘違いしないようにしたいところは、ケチと節約は違うという点です。

普段は無駄遣いをせず一見ケチにも見えるものの、使うべきところでは惜しまずしっかりお金を使うことが出来る人なのかどうかという点は、確認しておきたいところです。

正しい節約家は、ケチなわけではなくお金の使い方を知っているだけなのです。ケチとは、お金の使い方を知らずただ単に出し惜しみをしているだけのことを言います。

逆に言えば、相手にも自分のそういうお金にまつわる行動を観られていると考えるべきです。

下手なお金の使い方をせずに、堅実に、しかし出すべきところでは大胆にお金を使うことができる胆力が必要です。

お金とは、生活の中で非常に重要な役割を占めるものでもあり、お金なしには恋愛も結婚もそれ以後の生活も考えられません。二人の生活を維持していくためにはお金の使い方の相性は必要であり、ここが徹底的に合わないと、確実に将来破たんします。

お金にまつわる問題は、あとあとに回すと「こんなはずじゃなかった」ということにもなりかねないので、できるだけ早めに解決しておきたい問題の一と言えます。