晩婚化による高齢出産に伴う胎児に対するリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、女性の晩婚化は年々進んでおり、有名人などでも30代後半や40代で結婚をし、高齢出産をするケースが増えてきています。

それによって、なんとなく高齢出産でも特に問題はないようなイメージが広がっているかもしれませんが、実際は高齢出産はやはりハイリスクであり、出来る限り早めに出産する方が色々なリスクを軽減することが出来るのです。

そもそも女性の出産は、年齢によってリスクが大きく異なり、35歳を過ぎると例えば生まれてくる胎児がダウン症であったり染色体異常であったりする確率が格段に高くなってしまいます。

急がなくてもギリギリ30後半までに結婚できれば、という考えは、出産を前提としているのであれば実は遅すぎるのです。出産を考えているのであれば、少なくとも結婚は30歳前までが理想なのです。

アラサーでの婚活は、こと出産においてはそのギリギリラインを行くものであることを意識しておく必要があります。

遅くはないがリスクがある、それを認識した上で出産するのはもちろん悪いことではありません。さらに、最近は胎児に異常がないかどうかを検査する出生前検査も比較的身近になってきています。ただそれでも、次に問題になってくるのは胎児に異常があったら中絶してしまうのかという問題であり、人間の人間としての非常に難しい問題が絡んできます。そしてその選択次第では、自分のその後の人生を大きく変えてしまう可能性すらあります。

焦ってはいけない。しかし、あまり悠長にもしていられない。それがアラサーでの婚活です。難しい問題を色々と包含しているのです。

妊娠したいし赤ちゃんも欲しい、でも赤ちゃんには当然のことながら健康であってほしい。誰もが願う当たり前の感情。

だからこそ少しでも若いうちの出産ができるように、できればアラサー前に、遅くとも35歳前までになんとか妊娠出産ができるような人生設計を立てて婚活に励んでいきたいところです。