夢がある男とのアラサー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分には夢がある。今はまだ運に恵まれていないけれど、近い将来必ず成功する」

人にはそれぞれ、夢があります。将来はこうなりたい、こんなことをしたい、だから今はまだ、もう少し時間が欲しい。夢のためにはある程度の時間を費やす必要があるのでちゃんとした就職はできない。とりあえずアルバイトでつないで、夢を成功させるために努力したい。

若い時には誰しも、一度二度、そんなことを考えたりしたこともあるのではないでしょうか。

一度しかない人生、自分のやりたいことをやって人生を悔いなく生きていきたいと思うのは当然のことですし、夢のために限界までチャレンジして成功を手にしたいという思いも十分わかります。

ただ、婚活においてはこの手の夢を持つ相手は要注意です。特にアラサー婚活の場合は絶対に手を出すべきでないタイプの男性です。

何故なら、定職を持たないということにより将来がまだ明確でなく、色々なリスクを抱えている状態だからです。一人前になるまで待ってくれ、と言われるかもしれませんが、一人前になるタイミングなどは一生来ないかもしれません。人生において早い時期に夢の実現があくまで夢で終わるということに気づいたなら、すぐに切り替えてまた違う生き方を模索していく必要があるのです。

婚活相手に求める要件としては、夢ではなく安定の方を優先したいところです。

既に夢を達成したか、もしくは夢の世界から現実の世界へと方向転換した人を探しましょう。若い時から夢がある人と交際している場合、結婚のタイミングを逃し続けて気がつけばアラサー、という展開もよくあることです。何年も恋人同士のまま月日を重ねてしまうと、結婚は遠のくばかりです。

よく言われることですが、結婚には三つの「ing」が必要であり、その三つとは「フィーリング」、」「タイミング」、「ハプニング」です。

タイミングを逃すことがないよう、なかなか動いてくれない相手には結婚を促すように働きかけていくのも婚活の一つと言えそうです。