アラサー婚活で結婚のためのきっかけ作り

このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか結婚に到達できないアラサーは、決してパートナーがいない人ばかりではありません。

何の不満もない、優良なパートナーを持ちながら、アラサーになってもなかなか結婚できない人も存在します。

そしてそういう人が実は、案外少なくなかったりするのです。

パートナーがいなくて婚活が成功しない人にとっては、パートナーがいるのに何故結婚に至らないのか不思議に思えるケースもあるかもしれません。しかし、逆に長く付き合っているからこそ結婚へのきっかけをつかめないまま「あえて結婚しなくても・・・」と延ばし延ばしになってしまっていることもあるのです。

このケースの場合、結婚したいと思っていたはずなのに、別に今のままでもいいかなと当事者二人が思えてしまっていることが逆に問題だったりします。

確かに、二人一緒にいることができて何の問題もなく生活できているのであれば、それはすなわち事実婚と呼ばれるものでもあり、あえて婚姻届という書類一枚の手続きを踏む必要性はないと考えても不思議ではありません。

それはそれで考え方としては間違っていませんし、子どもができたタイミングで籍を入れるというならそれでもいいかもしれません。それぞれの考え方なのでそれでいいのではないかと思います。

ただ、もしどちらかが早く結婚したいのに相手が動いてくれない、という場合は、やはりどうにかして相手を動かす努力が必要になってきます。

きっかけがないと、やはり人間なかなか動かないのです。

では、そのきっかけをどう作っていくのかという問題ですが、まず一つは当事者同士の話し合いです。これが基本となります。しかし慣れあいすぎて話しても真剣な話にならないようであれば、外部からのコンタクトが必要になるでしょう。

それはたとえば親だったり兄弟だったり友人知人がふさわしいでしょう。最大の力を持つのは、やはり親です。「親から『結婚はどうなっているんだ』という話が出ている」ということを相手に伝えてみましょう。もしそれに対してまったく反応がないようであれば、その相手との結婚は考え直した方がいいかもしれません。

通常結婚する気が多少なりともあるのであれば、その一言はある程度の力を持つはずです。

まずはそこから始めてみて、相手の反応次第で次のステップを考えてみましょう。