高学歴女性にのしかかる婚活困難

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性でも女性でも、高学歴であれば周囲の見る目も変わりますし就職活動では当然有利に働きます。初任給も大卒か高卒では変わってきますし、昔のようなガチガチの学歴社会ではなくなってきているとはいっても、やはり学歴がある程度好影響を及ぼすのは間違いないと思われます。 しかし、アラサー婚活においては、他の場面では大きな武器となるはずの高学歴が逆にハンデへと変貌してしまうケースがあります。  そのケースとは、女性が高学歴を持っていた場合です。

一般的に男性は、本能的に女性に頼られたいと考えており、体力においても知力においても女性が及ばない部分をサポートしていくことに喜びを感じたりするものです。そのため、男性を立てるのがうまい女性はよくモテる傾向があり、甘え下手な女性はなかなか男性とうまくいかないことが多いようです。

高学歴の女性の場合、そこそこの男性を相手にした場合、自分の方が知恵も知識もあるために、どうしても説教じみてしまったり男性のダメな部分を的確に指摘してしまったりすることにより男性の心証を損ね、結果婚活がうまくいかないわけです。

とはいっても、自分に能力があるからこそ男性の至らない部分を見過ごすことはできず、おおらかな気持ちで男性を許容できません。安心してみていられるのは自分と同等レベル、もしくはそれ以上の学歴のあるような男性だけ。しかしそうした男性たちは同じくあまり高学歴で甘えるのがうまくない女性と積極的に付き合いたいとは考えておらず、何もできなくても自分をしっかり頼ってくれる可愛い女性と好んで付き合ったりします。

男性は、仕事や出世を頑張れば頑張るほど女性にモテますが、女性は逆であるという皮肉な結果となっているのです。

女性の社会進出を積極的に奨励する世の中になりつつあるのはいいとしても、それが逆に世の女性の結婚機会を奪っているのも一面の真理だったりします。

そこで高学歴女性が婚活を成就させるためにやるべきことは一つです。

高学歴をひけらかすことなく、できる限り前面に出さずなかったことのようにすること。さらに、男性の前ではわかっている知識であっても時に知らないふりをしてみたりすることで男性に花を持たせるようにすること。

高学歴であるがゆえにプライドが高い部分があるかもしれませんが、そのプライドはこの際捨て去り、そしてそれができれば高学歴であるがゆえにうまく男性に好まれる女性を演じるということはできるのではないでしょうか。

男性をうまくコントロールできる女性になれれば、婚活は確実に成就します。何が男性に好かれるのか、どうすれば男性にもてるのか、徹底的に分析し、その結果をうまく活用することができるのは、高学歴女性の強みと言えるのではないでしょうか。

自分より能力が上の男の方がいい、というようなこだわりは捨て、一緒にいて楽しければ能力などはどうでもいいというくらいに割り切って婚活に臨むくらいの気持ちを持ちたいところです。