アラサー婚活相手の借金の有無を確認する

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサーになって婚活を開始した際、付き合っている段階ではわからないことはたくさんあります。

しかしその中でも結婚に踏み切る前に必ず確認しておかなければならない項目も多数あります。その点を曖昧にしたままで結婚してしまうと、幸せな結婚生活などは望むべくもありませんし、むしろ自分も相手も不幸になり、さらにはせっかくつかんだ結婚生活も早々に手放すことにもなりかねません。

聞かれなかったから言わなかった、というのはよくあるケースですが、聞かれないから言わなくてもいい、ということにはなりません。むしろその言わなかった内容によって相手の判断が変わる可能性があるような重大な事項であれば、事前に説明しておくのが鉄則と言えます。それを言わずして結婚するとなると、ひどいケースでは詐欺扱いになってしまうことも考えらえます。

そしてそういう重要項目の一つとして挙げられるのが借金についてです。

借金は結婚したからといって、相手の借金までいきなり支払い義務が生じるわけではありませんが、状況によっては支払わざるをえなくなる可能性は当然ありますし、借金の返済のためにパートナーが支出を余儀なくされれば、そのほかの生活費などは自分が出さざるを得なくなり、結果負担が大きくなるのは目に見えています。

そうした点に関しては、生活を共にするのであればあらかじめ相手に伝えておくべき事項でありますが、相手が必ずしも自分からそれを教えてくれるとは限らないので、一応念のため、聞きにくいこととは思いますがしっかり聞いておくのが間違いないと思われます。

聞いても正直に教えてくれないという可能性は当然残りますが、そこはしっかり相手を見極めていくしかないと思われます。簡単に嘘を付ける人間なのかどうか、もしそうならずっとこれから先も騙され続ける可能性もありますので、結婚は考え直した方がいいかもしれません。

逆に嘘がつけない性格であれば付き合いやすいとはいえるものの、あまり致命的な借金などがあり、今後も同じ失敗を繰り返す可能性があるのかどうかを見極めていかなければなりません。

特に注意するべきは、自分が借金する習慣がまったくない人の場合です。まさか相手が借金しているなど思い至らない可能性があります。そういうケースはあくまでレアケースなのだと思い込んでいるわけです。

これは前向きすぎる思い込みなので、実際には色々な種類の人間がいるということを理解した上で、いい意味での疑いを持って婚活相手に接するくらいの強さは持っておきたいところです。