無職だけど婚活チャレンジはありか

このエントリーをはてなブックマークに追加

職を持たない状態でも、結婚したいものは結婚したいと考えて、婚活にチャレンジするというケースについて考えます。

女性の場合は無職でも家事手伝いで婚活をするというケースが今でも十分ありえますが、男性の場合は、そもそも無職の状態であれば金銭的な余裕がないことが想像されるため、婚活するよりも先にまずは職、という話になることがほとんどではないかと思われます。

ですが、無職でも極端に貯蓄が多いとか、たまたま職と職の間の期間にいい相手が見つかるというケースが考えられます。

ふらふら無職の状態で遊んでいるときに相手に見初められるということもあるでしょう。

そんな時に婚活を突き進めて結婚までと考えても、職がなければ何より難しいのが、相手の両親の承諾を得られるかどうかという一点につきます。

普通の考え方であれば、無職の男に自分の娘を嫁がせようという親はいないでしょうから、かなり困難な交渉になることが予想されます。

もっとも無難な方法としては、婚活が成功して結婚が目の前まできたとしても、無職であればまずは職を探すことを優先し、職が決まった状態で結婚をすすめるというものです。

主夫になるというわけでなければ、そもそも無職では結婚したとしても生活していくことができませんので、職よりも結婚を優先する理由はどこにもありません。

そう考えていくと、やはり無職での結婚には無理があるという結論に至ります。できたとして、無職では婚活までがいいところです。それ以上、つまり結婚を無職で望むのは、よほどの資産生活者でなければ難しいのではないでしょうか。

たとえ無職でなくても、安定しない職種であるだけで相手の両親からNGを出される可能性すらあるのですから、無職で結婚など論外と言われるのが関の山です。

せっかくつかんだチャンス、それをしっかり生かして無職でも早く結婚したいという気持ちもあるかもしれません。そして時にそういう気持ちは、無職の男と結婚しようという女性側により強い気持ちがあるケースもあるでしょう。

しかし世の中、やはり順序というものがあります。

結婚とは、二人での新しい生活のスタートを指すのですから、生活基盤がない状態で結婚は成立しません。やる気さえあればどんな仕事でも見つかるはずなので、職などどこにもない、どんな仕事にも就くことが出来ない、という悲観論に支配されることなく、まずは就職を目指しましょう。