夫婦の貯蓄と共有サイフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦生活においての生活資金などについては、夫婦が共働きなのか、それとも片方が働き、片方が主婦(夫)として家庭に入る形をとっているのかによって共有サイフのあり方が変わってきます。

共働きの場合は、そのほとんどのケースにおいてそれぞれの貯金はそれぞれのものとしてとっておき、共有サイフを作ることによって生活費や食費をお互いが負担することが多いようです。

そのバランスが崩れ、一方ばかりが生活費を負担して片方はあまりお金を出さないという形が続くと、やはり片方に不満がたまっていきますので、この点に関してはしっかりした話し合いが重要かもしれません。

片働き世帯の場合は、家に入る方がサイフを握るのか、働いている人がサイフを握るのかが家庭によって変わってきます。一般的に男性が働き、女性が専業主婦となった場合は女性側がサイフを握るケースが多いと思われますが、男性が働き男性がサイフを握るというケースも当然ありえます。

この場合は、男性の方がお金の使い方に長けているケースや、稼いできているのは自分なのだからという自負が強い場合などが考えられます。

どちらにしてもお金については、必ずもめごとの種になることが多いため、夫婦とはいえしっかりとした話し合いの上でルールを取り決めておいた方がいいでしょう。

また、夫婦になる以前の婚活段階から、ある程度そういうお金にまつわる問題は片付けておくのが最も理想的とも言えます。

結局、お互いのお金の使い方の問題になってきますが、お金に関する価値観が合うか合わないかは、再三言うようですが婚活において非常に重要な要素なのです。