婚活中に無料通話アプリ(LINE等)で電話をかけてくる相手

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰かと連絡を取り合う場合、必須になってくるのが携帯電話やスマートフォン。ひと昔前のように、自宅の固定電話にかけないと連絡がつかない、なんてことはまずなくなってきており、個人個人でほぼ確実に携帯電話かスマートフォンを持っている時代になりました。

そんな今だからこそ、連絡先の交換さえできればかなり容易に相手との個人的なコミュニケーションが可能となっており、婚活においてもかなり便利な世の中に代わってきています。

ただ、そんな中で、「こんなことをされると気持ちが覚めてしまう」というケースがあります。

 

まず、お互いの連絡先を知っている場合、当然のことながらケータイ同士で通話をすることができます。それほど重要な用事でなければ、スマホ同士ならわざわざ電話をしなくても、LINEなどのメッセージングアプリを利用してやりとりをするだけでもいいでしょう。

しかし、電話をしないといけないような用事が発生した時に、普通に電話をするのではなく、LINEを通して通話をかけるケースがあります。

これは、電話料金を節約したい場合に有効に利用できる方法ではあるのですが、男性側から仲良くなる前にこれをすると、女性側は「せこい」と感じてしまうことがあるようです。

ちょっとの要件なのだから、普通に電話をかけてくればいいのに、と感じるようです。

このケースでは、どちらの気持ちも分からなくはないものの、LINEでの通話は通常の通話と比べるとどうしても通話品質が落ちてしまい、つながりにくいこともあるためにあまり好まれないこともあります。大事な相手であれば、その点も考慮して、多少の通話料はあきらめて普通に電話をした方が男性としての甲斐性もアピールできるのではないでしょうか。

もちろんお互いの気心が知れている状態で、少しでも無駄をなくして節約しようという話し合いの元LINEの無料通話を活用するのはOKです。

最近は、各ケータイキャリアごとに通話カケホーダイのプランも登場してきていますので、そのあたりも検討してみるといいのではないでしょうか。

付き合い始めの時期、付き合いが始まりそうな時期に、相手に「せこい」とか「ケチ」とか、マイナスイメージを持たれるような行動には注意した方がよさそうです。