アラサー婚活で高望みは捨てる勇気

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活市場において、女性が確実かつ無条件に他人よりも有利になれる条件が一つだけあります。すべての女性に平等に与えられたアドバンテージであり、婚活では必ず影響力を持つ項目でもあります。

それは、「若さ」です。

例えば婚活市場において、まったく同等スペックの女性が二人いたとして、年齢が30歳と25歳だったとします。男性に選ばれる可能性が高いのは25歳の女性です。

同じように同等スペックのアラサー女性とアラフォー女性を並べてみたらどうでしょうか。ここではアラサー女性がかなりの確率で選ばれるはずです。

もちろん中には「熟女好き」「年上好き」という男性も存在しますが、ここではそうした事例は「特殊事例」として考えないことにします。

 

一般的に男性は、「若い」女性をより好みます。それは生物学的に考えて子供を生むことができる期間が長いということもありますし、若いことによる肌の張りや穢れのなさ(と男性は考える)に魅力を感じ、若いか若くないかどちらかを選べと言われたなら、若い方を選択します。

仮に、スペックが著しく劣っていたとしても、若さで勝っているいる女性は、スペックの劣勢を跳ね返して男性に選ばれることもあります。それほど、「若さ」のパワーは大きいと考えていいのです。

 

そう考えると、「アラサー」での婚活がいかに不利かということが理解できると思います。ライバルがアラフォーばかりであれば逆に圧倒的有利な立場にはなるものの、20代前半などのさらに若い女性を前にすると、苦しい戦いを強いられることになります。

アラサーであることを自覚せずに「年収は1000万以上、身長は180以上、学歴はもちろん一流大卒で、容姿も一定レベル以上じゃないと無理」などと言っていると、誰にも見向きもされないまま独りきりの老後に突入することになります。

そして、ハイスペックな男性であればあるほど、女性に対しては容姿と若さを要求する傾向があります。それだけ、様々なものを持つ男性は自分の価値を高く見ているため、そのパートナーとなるべき女性に対してもそれ相応のスペックを要求するからです。その男性が要求するスペックの中に「若さ」という項目は確実に存在します。

それを理解して、アラサーでの婚活は、必要以上の高望みはきっぱり捨てる勇気も必要です。

勝てるはずがない戦いをいつまでも続けていると、気が付いたときには取り返しがつかないことになってしまいます。

決して派手さはないけれど、誠実で安定している人並みの男を確実に狙っていくことで、成功率は格段に上がるはずです。

自分の希望はアラサー婚活においては「高望み」すぎはしないか、一度しっかりと自分の譲れないポイントを見直しを実施して、妥協するべきはして、背伸びする必要がない相手を見つけ出したいところです。

「自分は特別でいつかきっとシンデレラになれる」

そんな気持ちを忘れずにいたら、到底シンデレラとは呼べない年齢になってしまった、というケースは十分にあり得ます。

シンデレラストーリーにはタイムリミットがあるのです。

悠長に構えすぎて完全にタイミングを失うということだけはないように注意しておきましょう。